気軽に一人暮らしをスタート!マンスリーマンションの魅力


一人暮らしを始めるために必要となる費用

一般的な賃貸物件で一人暮らしをスタートする場合、礼金や敷金の他にも、様々な費用が発生します。まず荷物や家具を運び込むために、引っ越し業者を利用する必要があるでしょう。さらに電子レンジや冷蔵庫、洗濯機など生活に必要となる家電製品を揃えなければなりません。一人暮らしにかかる初期費用は契約する物件の賃料によって異なりますが、最低でも40万円から50万円ほどだといわれています。賃料が安く礼金不要の物件を選んだ場合でも、それなりのお金が必要となってしまうのです。

マンスリーマンションなら初期費用を節約できる

一人暮らしをしてみたいが初期費用が高く困っている、そんな場合に注目したいのがマンスリーマンションです。マンスリーマンションの魅力は、敷金や礼金といった費用がかからない、という点にあるでしょう。運営している会社と直接契約を行う形なら、仲介手数料もかかりません。さらにマンスリーマンションには、基本的な家具や家電製品等が備わっています。入居後、すぐに普段どおりの生活を送ることができるよう、様々な設備が用意されているのです。

ベッド等の大型家具や家電製品があらかじめ備えられているマンスリーマンションを借りれば、一人暮らしにかかる初期費用を大きく節約することができます。家具等を一切運び込まない場合、引っ越し業者を利用しなくても済むかもしれません。設備が整っているマンスリーマンションなら、最低限の費用だけで一人暮らしをスタートすることが可能です。

一人暮らしの予行練習に最適

初めて親元を離れ一人暮らしをするという場合、不安を感じてしまうことも多いものです。大丈夫だと考えていたが実際に1人で過ごすようになったら、不安や寂しさから帰りたくなってしまった、そんな人もいるといいます。一般的な賃貸物件の契約期間は2年となっていることが多く、期間中に解約する場合には、退去予告を行わなければなりません。退去予告の期限は契約内容によって異なりますが、大体退去日の1~3ヶ月前までとなっていることが多い傾向です。退去したくなったらすぐに引っ越せる、というわけではありません。

マンスリーマンションは月ごとの契約となるため、退去時の手続きが非常にスムーズです。退去したくなったが数ヶ月待たなければならない、といったことになる心配がありません。逆にもっとこの物件で暮らしたい、となった場合は延長することも可能です。自由度が高いマンスリーマンションなら、お試し感覚で一人暮らしを始めることができます。

短期契約で気軽に宿泊したいと考えているならマンスリーマンションがあります。出張や研修、受験や旅行など多岐に渡って利用できるのが魅力です。